三島市の障害児童福祉施設『ドリームケアふぃる』

ホーム > ふぃるのおもい
ふぃるの想い
〜「ふぃる」運営の想い〜
「毎日はたらきたい」「この子を安心して預けられる場所が欲しい」と言うお母さんの声を受けて、アパートの一室で利用者さん2人から「放課後サポートふぃる」を始めたのが、平成18年の頃でした。
あっと言う間に利用者さんは増え、引っ越しをして法人化もしましたが、まだまだ障がい児童を取り巻く環境は整備されているとは言えません。
現在、放課後サポートは障がい児童の学童保育の役割として、小学校1年生から高校3年生まで1日20人以上の児童を受入れています。施設の中では「安全に」「楽しく」を心がけて、「おかえり」の響く場所を提供しています。
平成23年4月には今まで地域に無かった「障がい幼児の療育施設」も作りました。多くの児童を見て来た経験から、子供たちにとって「幼児期」はあらゆることで根幹となる時期だと言うことを感じてきました。
この幼児期と言う本当に大切な時期に、少人数で手厚い保育をすることで本人たちの能力は素晴らしい成長を見せてくれます。
「誉められた本人が喜び」
「成長を見た保護者の方が喜び」
「それを見るスタッフも喜ぶ」
と言うサイクルで、園の中はいつも笑顔が溢れています。
そもそも「障がい」って何でしょう?
「健常」って何でしょう?
果たして「障がい」が間違いで「健常」が正しいのでしょうか?
私たちは「本人」にも「保護者の方」にも、「誰も悪い訳でも、間違っているわけでもないのですよ」と伝えたいのです。 そして、その上で本人の成長の助けになる施設と、家族の方たちが安心して頼れる場所を作るために活動を続けています。
幼児療育サポート
本人と保護者が将来困らないように幼児期にきちんとした療育をしてあげたい。みんな伸びる力を秘めているから、できるだけ早いうちに集団生活の基礎を身につけさせてあげたい。
●児童デイでは、「小集団」「手厚い保育体制」を軸にして、スムーズな就学ができるように幼児期に「社会性」「集団制」を楽しく学んでもらっています。
放課後サポート
保護者の方には毎日安心して預けられる場所を、本人には楽しく安全に学校帰りにみんなと遊べる場所を提供してあげたい。 また、その中で将来のために集団の中でのルールなどを覚えて、集団性を身につけさせてあげたい。
●放課後サポートでは、「楽しく」「安全に」を大切にして、学校と家庭をつなぐ役割りを果たします。
卒業後サポート
卒業後の行き場に困っている方、生活の場が無くて困っている方に、より良い場所と生きがいを提供したい。
●まだ具体的には動けていないのですが必ずケアできるようにします。
ドリームケアふぃるまつもと園  〒411-0822 静岡県三島市松本293-12 TEL.055-982-6626
とくら園  〒411-0917 静岡県駿東郡清水町徳倉369-6TEL.055-935-4655
Copyright(C) 2012 Dream care Fill. All Rights Reserved.